次亜塩素酸水とは

厚生労働省が定める次亜塩素酸水とは、殺菌科の一種であり、食塩水(塩化ナトリウム水溶液)や塩酸(いわゆる酸)を電気分解する事により作られる
「次亜塩素酸」を主成分とする水溶液の事を示します。

高除菌力かつ使いやすい。

電車、バスなどの公共交通機関、官公庁、病院、学校、空港、福祉施設、老人ホーム、企業、ホテル、イベント会場などの集団密集施設などの感染拡大を抑制できるという利点がある。
また、家庭内においても、感染予防対策としても超音波式加湿器による空間噴霧やボトルスプレーなどでの噴射など様々な使い方が可能です。

高除菌力かつ使いやすい。

電車、バスなどの公共交通機関、官公庁、病院、学校、空港、福祉施設、老人ホーム、企業、ホテル、イベント会場などの集団密集施設などの感染拡大を抑制できるという利点がある。
また、家庭内においても、感染予防対策としても超音波式加湿器による空間噴霧やボトルスプレーなどでの噴射など様々な使い方が可能です。

仕様
製品名:弱酸性除菌水(弱酸性次亜塩素酸水溶液)
寸法:W300×H300×D300
容量:20L
原材料:水、次亜塩素酸ナトリウム、塩化水素
有効塩素濃度:200mg/L(ppm)
液性:弱酸性〜中性(pH5.5〜pH6.5)
使用上の注意:2倍希釈(100mg/L(ppm))でご使用ください。
使用の目安:製造から2ヶ月(未開封)を目安に使用してください。
なお、開封から1ヶ月でご使用ください。